コロナウイルスの感染拡大でユーロが大幅下落!アメリカ大統領選を控えた今のユーロドルはどうなる?【FX相場予想】

フランスは10月28日から30日間のロックダウンを決定。ドイツも一部外出規制。

 

この新型コロナウイルス感染拡大の報道を受けて、

29日のユーロドルは下値を探る動きが続き、

1.165付近まで下押しする動きとなりました。

 

時間足チャートを見ると、下落基調が続いており、

本日もこの流れが続くかに注目。

 

反発の際はサポートであった1.172付近や

直近の高値水準をブレークできるか、

下押しの際は昨日のサポートの1.165付近を

キープできるかに注目しながら、

基本、下落基調継続の可能性を探っていきたい

流れです。

ECB理事会はさらなる緩和を示唆

29日のECB定例理事会で主要な政策変更を見送り、

12月に追加対策を講じる可能性を示唆しました。

この発表はユーロの下押し要因となります。

 

米大統領選を前にユーロ圏内発の要因で下げた

ユーロ安ドル高が、このところの動きでです。

 

大統領選挙のある年の11月の選挙から年末までは、

新政権への政策期待もあり、押し目もあまりない

一方通行のブル相場になりやすい。

 

それまで待機していた投機マネーが一気に

市場に入るのでボラティリティも高くなります。

 

さらに、もしユーロ圏で新型コロナウイルスが

さらに猛威を振るいと11月15日から始まる

EU首脳会談で、英国がいわゆる「合意なき離脱」を

強行することになると、ユーロ売り、ドル買いの

環境はさらに濃厚になっていきます。

 

トランプなら大きなドル高、バイデンならゆるやかなドル高か

米大統領選の結果は、すぐに判明はしないといわれ

ているものの、現職のトランプ大統領が勝っても

民主党のバイデン候補が勝っても、

どちらも直後はドル高の方向といわれています。

 

ちなみに、メディアやウォール街もバイデン勝利が

メインシナリオですが:

・テクニカルのグル、ラリーウイリアムズによると、

これまでの2020年の株価の波形は、共和党が勝利する

パターンの波形にかなり近い、とのことです。

(上が2020年の実績、下が過去の共和党勝利年の平均)

(出典:https://www.youtube.com/watch?v=9kzUNSWHSs4

The Election Cycle And The Markets | Larry Williams | Real Trading Special (10.26.20))

 

・フロリダを制したものが大統領選を制するのは

今回も同じだそうで、ちなみにトラファルガー

グループの予想では、フロリダはトランプ優位です。

(出典:The Trafargargroup.org)

 

マスメディアの報道は、民主党支持の印象操作が

入っているので、今回も、割り引いて考える必要が

ありそうです。

 

バイデン政権でエリザベス・ウォーレン財務長官誕生をウォール街は警戒

 

今現在、ユーロが高くなり、ドルが安くなるシナリ

オは、どの材料を観ても考えづらい状況ですが、

 

唯一考えられるドル安リスクは、

「バイデン政権でウォーレン財務省官誕生」です。

 

民主党内左派の力を借りて、勝利した代償として、

エリザベス・ウォーレンを財務長官に

据えるのではないかという観測報道があります。

 

民主党大統領候補戦でも、反ウォール街的な政策を

掲げて「恐怖のウォーレン」とあだ名されました。

「富裕層への増税」と「GAFAの分割」を直ちに行え、

と声高に主張していました。

 

そのようなことが実現すれば、米国株を牽引していた

GAFAには急激な巻き戻しが起き、ドルもつられて

全面安となります。

 

米ドルのカウンター通貨の主役であるユーロや金に

逃げ場を失った資金が殺到し、急上昇。

 

不穏な事態になると上がる円とスイスフランも

上昇するを免れないでしょう。

 

こうならないために、ブレイナード女史を

指名するだろうとの見方もあります。

(出典:https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-09-24/QH6H9RT1UM0X01)

 

いずれにしても、4年前の大統領選や

ブレグジットの時もそうだったように、

大方の予想があっさり覆されることがよく起きます。

 

事前に結果を決めつけないで、大統領選前に

ポジションはできる限り整理しておき、

方向性が確認されてから、動いたほうに

乗っていきましょう。

 

その際、1,2日のだましの動きに

ひっかからないように、

しっかり方向性を確認することが大切です。

 

まちがえても、信用枠一杯に

株もFXもポジションを持ったまま、

大統領選開票を迎えることがないように、

じっくりリスク管理をしましょう。

VISIONARY INVESTORSの最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。