FX両建ての意味と手法について解説!【FX用語解説】

FX手法の1つに両建てというものがあります。

リスクを最大限避ける取引手法として誰でも気軽に始められる取引手法です。

しかしこの両建てには様々なリスクがあり、実は初心者向きの手法ではないと考える人も多いのが現実です。

両建てについて深く理解しFX手法の幅を広げていってください。

 

1両建てとは?

両建てとは1つのエントリーポイントで買いポジション売りポジションの両方を持つ事を言います。

為替相場は投資家による売買で必ず上昇か下落の方向へと進みます。

両建てを行えば買い売りどちらかのポジションは利益方向に向かうためプラス域での決済が可能です。

マイナス方向に進んでいたポジションは利益方向に伸びて来るのを待ってから決済すればリスクを抑えて利益が得られるといった手法になります。

 

1-1リスク回避型の投資手法

この両建てはリスク回避型の投資手法として使われます。

通常は1方向のポジションを持つので取引結果は勝ちか負けかで分かれますが、両方のポジションを持つ両建てでは常に引き分けの勝負をしていると言えますね。

負けているポジションが少しでも利益方向に伸びれば、利益が出たポジションとの差額で小さな利益となるので大きく勝ちにいくというよりは小さな利益を積み上げるリスク回避型の手法といえるのです。

 

1-2レンジ相場での両建て手法

レンジ相場とは値動きの上下が規則正しく、ある一定の価格幅で推移する相場を言います。

レンジ相場で両建てをする際は利益確定と損切りをスピーディーに行うことで小さな利益が得られるのです。

一定の幅で推移する習性を狙い利益が出た方を先に決済して、その後マイナスのポジションが利益方向に向かって来るタイミングで決済をします。

短時間での決済はスキャルピングという手法であり会社によってはスキャルピングを容認していない会社もあるので注意してくださいね。

 

1-3トレンド相場での両建て手法

トレンド相場は上下どちらかの方向に強く伸びる相場を指します。

トレンド相場ではレンジ相場よりも長くポジションを持つことが重要です。

為替相場では「トレンドは必ず終わる」という習性があります。

今日明日で1ドルが300円まで上昇しました!という事は国が崩壊していない限りあり得ません。ある程度伸びきった価格はどこかでトレンドの転換をするのです。

この時利益方向に伸びたポジションは焦って決済をしないことがおすすめです。

価格が伸びきって反発してきたところで利益方向のポジションは決済しましょう。

焦って決済してしまうと、まだトレンド過程だった時にマイナスポジションだけ残るので大きな損失となる場合があります。

トレンドの反発を確認してから利益ポジションの決済をして、その後価格を戻してきたところでマイナス分を決済すれば利益が確定するのです。

レンジ手法とは異なりじっくり待つことが重要となりますね。

 

2両建て手法の注意点

両建て手法を知って「簡単に利益があげられそう!」「リスクが低いならやる価値がある!」と考える人が多くいますが実はそこまで簡単な手法ではないことを認識しておきましょう。

コツや会社によってのルールを理解していないと利益どころか損失が出る場合の方が多くなってしまうのです。

 

2-1両建てには制限が多い

両建て取引は会社によって制限が多くあります。

禁止している会社も多いので注意してくださいね。

1つのアカウントで複数口座が作れるような会社では複数口座間での両建ては禁止としている会社もあるのです。

特に海外FXでは相場の急騰急落により証拠金以上の損失を出しても、追加での証拠金を支払わなくても良いゼロカットという制度があります。

複数口座で両建てを行うとマイナス方向に伸びたポジションはゼロカットにより損失が限定されます。利益方向のポジションは大きな利益となるので複数口座間で両建てをするとほとんどの確率で儲かるのです。

このような理由で制限を付けているのですね。

 

2-2複数社を介した両建てはルール違反

「じゃあ、2つのFX会社で買いと売りの両方を持ったら絶対利益になるんじゃない?」と考える方が多くいますがもちろんこれも禁止です。

どちらかのFX会社が必ず損失を被る事になるので複数社を介した両建てはどのFX会社でも禁止行為とされています。

一見バレそうにないので安易にやる方も多くいるようですが、不思議なことに会社に発覚して口座凍結や出金拒否に合うということは良くある話です。

知人や家族などのアカウントを使っても不思議とFX会社には認識されてしまうので必ずしないでくださいね。FX会社は強固なコミュニティやIPアドレスの解析などで常に不正を探しています。少しでもルールに反した取引になると2度と口座開設ができなくなるという事例もあるので、両建てをするにしてもルールはしっかりと守るようにしましょう。

 

2-3スプレッドが広いと負けやすい

FX会社によってはスプレッドが広い会社と狭い会社がありますね。

スプレッドが広い会社での取引は両建てに向いていません。

 

(例)USDJPY100円の時に1万通貨の買いポジション売りポジションをそれぞれ持つ場合

A社スプレッド0.5pips:買い売りの両方で合計100円のマイナスからスタート

B社スプレッド2pips:買い売りの両方で合計400円のマイナスからスタート

 

たった300円の差額?と考えるかもしれませんがこの差額は強く意識しておかないといけません。

取引量が増えれば増えるほど最初のマイナスが増えますし、利益を出すのも難しくなってしまいます。スプレッドはエントリーポイントから不利な位置で約定されるので、広いとそれだけ負けやすくなり取引結果に影響を与えるので注意しましょう。

極力スプレッド幅の狭い会社を使って、指標時や早朝といったスプレッドが広がる時間帯では取引を避けるのがおすすめです。

VISIONARY INVESTORSの最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。