投資初心者がやりがちな5つの失敗あるある

今回のテーマは・・・

『投資初心者がやりがちな5つの失敗あるある』です。

 

このテーマを事前に知っておくことで・・・

 

  • ほとんどの投資家がしている『簡単な判断ミス』
  • 初心者は絶対にやるな。『諸刃の剣の裏技』
  • 投資初心者がかかるお金を吸い取られてしまう”ある”病気
  • 投資が途端にギャンブルになってしまう『やってはいけない手法』
  • 脳のメカニズムが招く悪影響

 

これらを回避することができるかもしれません。

 

投資を始める前にこの記事を読むことで、投資家初心者が経験するであろう失敗について、事前に理解でき、あなたは失敗する可能性を極限まで減らせるようになります。

 

失敗例に対してどのような対策をすれば良いのかが、分かる内容になっていますので読むだけで傾向と対策が理解できるような内容になっています。

 

それでは、これから具体的なお話に入っていきます。

 

まず最初にほとんどの投資家がしている『簡単な判断ミス』です。

 

ほとんどの投資家がしている『簡単な判断ミス』

ほとんどの投資家がしている『簡単な判断ミス』とは損切りです。

 

損切りとは、投資家が損失を抱えている状態で保有している株式等を損失を確定させること

です。

 

投資に興味を持っていらっしゃる方で、投資で大金を失っている人を見たり聞いたりした経験はあるのではないでしょうか?

 

投資で数百万、数千万円の大金を失ってしまう人の1番の原因がこの損切りです。

 

損切りは投資の基本中の基本として上げられるくらい重要です。

 

なぜこんな簡単なことを頭ではわかっていても多くの人は損切り出来ないのか

 

それは、

 

損切り出来ない人は過去に負の体験をしており、過去にこれから説明する2つの経験をしている可能性があります。

 

  • 損切りしなかったらレートが元に戻って救われた
  • 損切りをした後にレートが予想した方向に動いて損切りを後悔した

 

1つ目の損切りしなかったらレートが元に戻って救われた経験です。

 

損切りするか迷っていてポジション*を保持し続けたら、たまたま運良くレートがもとに戻っりプラマイゼロになったもしくはプラスに転じたという経験。

 

2つ目が損切りをした後にレートが予想した方向に動いて損切りを後悔した経験です。

 

自分が損切りをした瞬間に、自分の思っていた方向にレートが動き、損益を確定させてしまった行為を強く後悔した経験。

 

*ポジション:取引のサイズと方向(売りもしくは買い)

 

この2つの経験をしてしまったことにより損を確定させる行為、つまり、損切りが「悪いもの」であると潜在的に勘違いしまう人がいます。

 

とはいえ、一定のレンジを上下する傾向にある為替相場は、いずれ元に戻るからそもそも損切りは不要だと思う方もいらっしゃると思います。

 

レートが動きすぎた場合は各国の政府や中央銀行が何らかの対処をするため、為替は一定のレンジを上下する傾向にあります。

 

先程紹介した事例とは異なり損切りをしないという戦略が有効な場合があります。

 

長期戦略の上で取引をしている下記の方に限ります。

 

最初から長期戦略の上で

 

  1. 低レバレッジ(1倍程度)で取引している
  2. 豊富な資金がありお金を追加で投入できる方

 

それ以外の場合は損切りをしないと大きく失ってしまう危険性があります。

 

損切りしなかった場合の最悪のシナリオ

 

リーマンショックが起きた2008年 

 

リーマンショックの影響でドル円は4年で約40%下落しました。

(例)ドル円は約40%下落することがある

 

わかりやすくするために仮に100万円で運用していたとします。

 

レバレッジ1倍のとき 4年間で40万円の損

 

レバレッジ2倍のとき 4年間で80万円の損

 

レバレッジ3倍のとき 4年間で120万円の損

 

最悪ロスカットで強制決済をくらいます。

 

つまり、いつか元に戻るという考えの元で取引を行うことは危険ですので絶対に捨てるべきです。

 

初心者は絶対にやるな。『諸刃の剣の裏技』

 

初心者は絶対にやるな。『諸刃の剣の裏技』とは『ハイレバレッジ*での取引』です。

 

レバレッジ*預けた資金よりも大きな金額で取引する仕組み

 

FXの場合は少額から取引でき、レバレッジをかけて大きな利益を狙うこともできるため、ハイリターンを期待して少額からレバレッジを高くして取引をする方が多いです。

 

しかし、初心者が最初から勝ち続けられるほど投資の世界は甘くありません。

 

買った場合はもちろんハイリターンを得ることが出来ますが、2回、3回と負けが続くことも十分にありえます。

 

そうなった時に資金が尽きてしまう危険性がゼロではないとは言い切れません。

 

そのため初心者の頃はレバレッジ2〜3倍で取引することがオススメです。

 

取引にも慣れ始め、勝率が上がってきたら、レバレッジを更に大きくするという流れがベストです。

 

投資初心者がかかるお金を吸い取られてしまう”ある”病気

 

投資初心者がかかるお金を吸い取られてしまう”ある”病気とは『ポジポジ病』の事です。

 

ポジポジ病とはすぐにポジションを持ってしまう悪習慣のことです。

 

ポジポジ病になると以下の様な悪習慣を断ち切れなくなってしまいます。

 

  • 全てがチャンスに感じて取引回数が増える
  • 取引回数が多いと、根拠のない無駄な取引が増える

自分の取引を客観的な視点で冷静に見てみると、自分のエントリーしたタイミングを後悔することがあります。

 

そんな方はポジポジ病になってしまっている可能性が高いです。

 

更にスプレッド分だけコストが発生

設定:通貨ペアはドル円の場合

 

1日に10回取引したと仮定すると…

 

1日:0.5pips* ✕ 2 (エントリー&決済)✕ 10回 = 10pips

 

1ヶ月(20日)で200pips、1年で2400pipsものコストが発生してしまいます。

 

つまり、1lot=10万通貨で取引をした場合、スプレッド分のコスト分だけで日本円にすると1ヶ月で20万円、1年で240万円の損失を被ることになります。

 

*pips(ピップス)とは、為替レートが動く時の最小単位。

 

もし、自分がポジポジ病になっていると感じたら、自分の売買ルールを確認にした上でチャンスのみに取引を絞ることが必要です。

 

大前提として、チャンスのみに取引するためには自分だけの売買ルールに確立するべきです。

 

自分の得意なパターンなどに絞って取引を行っていきましょう。

 

投資が途端にギャンブルになってしまう『やってはいけない手法』

 

投資が途端にギャンブルになってしまう『やってはいけない手法』とは『勘』でトレードしてしまうことです。

 

その場の雰囲気やノリでの取引は投資でなくギャンブルになってしまいます。

 

勘でトレードしてしまう方の対処法としては、トレードの記録をする、つまりはトレードの反省をするということです。

 

反省することで

 

「どのような根拠でエントリー(トレード)したのか?」

「次にトレードに活かせる改善点はないのか?」

 

改善点を明確にしていきましょう。

 

自分だけは成功する(特別)と思っている

 

脳のメカニズムが招く悪影響とは自分だけが成功する(特別)だと思い込む『バイアス』のことです。

 

人間脳には『正常バイアス』という脳のメカニズムがあり、予期せぬ事態でも「自分だけは大丈夫だ」という正常バイアスが働いてしまいがちです。

 

正常バイアスが働くケースの具体例

 

FXをスタートする時

相場の世界は8、9割の人が負けていることを知っているにも関わらず、自分だけは残りの1、2割になれると思い込みがちです。

 

含み損を抱えてしまった時

どうせ相場は元に戻るだろう、自分だけは大負けすることは絶対にないだろうという思い込み

 

危機が起きている時

金融危機が起きた際も自分だけはその影響を受けるはずがないと勝手に考えてしまう

 

 

ここまでが投資初心者がやりがちな5つの失敗あるあるです。

 

まとめ

今回は・・・

 

  • ほとんどの投資家ができない『簡単な判断』
  • 初心者は絶対にやるな。『諸刃の剣の裏技』
  • 投資初心者が陥りがちなお金を吸い取られてしまう”ある”病気
  • 投資が途端にギャンブルになってしまう『やってはいけない手法』
  • 脳のメカニズムが招く悪影響

というテーマでお話させて頂きました。

 

大事なのは自分のレベルを超過した取引は絶対にしないことです。

 

最初は無計画に取引するのではなく、トレードの都度、分析した上で改善するところから始めてみてください。

 

今回は失敗例を5つご紹介させていただきました。

 

どれも非常に陥りやすい失敗例です。

 

今回紹介した失敗例はできるだけ回避できるようにしてください。

 

それでは、また別の記事でお会いしましょう。

 

最後までご覧頂き、ありがとうございます。

VISIONARY INVESTORSの最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。