FXで長期保有するとどうなるの?スワップ金利で儲けよう

FXで長期トレードする人の多くは、スワップ金利を目的としている場合が多いです。

スワップは地道に利益を積み上げられますが、その反面多くのリスクも存在します。

今回はそんなスワップについて詳しく解説していいます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

スワップ金利とは?

スワップとは各国の金利差のことを言います。

金利は国によって異なりますが、FXでは金利の低い通貨を売って、新興国などの金利水準が高い国の通貨を保有するとその金利差が毎日もらえるのです。

 

例えば、米ドルを買って円を売る場合だと、日本よりアメリカの方が金利が高いのでプラスの金利差が生じてスワップポイントに相当する金額が受け取れます。

 

スワップポイントは変動制であるため日々金額が変わる仕組みです。

またFX会社によっても金額が異なるため向いている会社、不向きの会社に分かれます。

スワップの高い海外FX会社

  • XM Trading
  • AXIORY
  • TaitanFX

 

スワップの高い国内FX会社

  • ヒロセ通商
  • LIGHT FX
  • みんなのFX

海外FX会社に比べると国内FX会社の方が受け取れるスワップの量が高い傾向にあります。

 

不況時は金利が下がりやすい

日本は金利の低い国であるため、金利に対して馴染みのない人が多い傾向です。

 

そもそも金利は高ければ高いほど貯蓄に回りやすくなります。

お金を預けているだけで金利によって増えるので魅力ですよね。

国が金利を下げる時は経済を活性化させたい、つまり不況時に多いです。

個人や企業が別の投資先を探す、または消費にお金を使って経済を回してほしいという願望から利下げが行われます。

 

日本では一時期「マイナス金利」という言葉が世間を騒がせましたね。

これは日本銀行と民間銀行にのみ適用された制度で、預金の利息がほとんど無くなる仕組みです。

利息負担の減少により投資・消費の拡大を増進する目的で行われました。

金利が低いと企業が銀行から融資を受ける際に借りやすくなります。

融資を受けやすくすることで企業の立て直しや活性化を狙った政策です。

 

長期保有型の投資方法

 

FXで長期トレード(数ヶ月~半年)ほどポジションを保有する人の多くはスワップを目的とした投資である場合が多いです。

スワップポイントは通貨ペアを保持している限り毎日受け取れるので、決済をせずにをコツコツと利益を積み上げます。

もちろん値動きによっては損失となることも充分あり得えるので、長期的な相場の展望が予測できないといけません。

長期的な相場展望は予測が難しいため、初心者というよりは上級者向けの取引スタイルとなります。

 

金利は各国の政策金利で決まる

金利は各国の政策金利によって決まります。

経済指標カレンダーを見ると定期的に各国の政策金利の発表時間が記載されていますね。

代表的なものではアメリカのFOMC、オーストラリア準備銀行政策金利といったものです。

これらの指標時には相場が急変動する傾向にありますが、これは金利差によるものといっていいでしょう。

例えばオーストラリアの豪ドルはもともと金利の高い通貨でした。

それが新型コロナウィルスによる経済への影響を受け現在では0.10%と低水準です。

政策金利の発表と同時にスワップ目的の投資家が通貨を保有、または手放すことによって相場が大きく動く仕組みとなっています。

 

スワップ保有の注意点

次にスワップ保有時の注意点について解説します。

スワップは一見リスクの低い堅実な投資と考えられていますが、利益を出すのは比較的難しい投資手法であることをしっかり理解しておきましょう。

 

大きな利益を狙うものではない

スワップポイントは一度に大きな利益を狙うものではありません。

高金利通貨である南アフリカのランドを米ドルで保有した場合を見てみましょう。

  • XMTrading=1023円
  • TitanFX=1129円
  • AXIORY=1153円

米ドル/南アフリカランドを10万通貨で保有した時の売りスワップポイントです。

10万通貨の保有に対して1,000円ほどのスワップポイントが毎日入る仕組みとなっているのでそれほど高額ではありません。

 

また金利が変われば1,000円より増える事もありますが、減ることももちろんあります。

あくまでも小さ利益をコツコツと積み上げる投資手法なのでデイトレードやスイングトレードのように1回の取引で大きな利益を狙うものではありません。

 

マイナー通貨ペアは値動きが荒い

 

金利の高い通貨はマイナーな通貨ぺアに集中します。

  • メキシコペソ
  • トルコリラ
  • 南アフリカランド

以上が金利の高い代表的な通貨です。

 

これらの通貨は金利が高いのでスワップ目的とした投資には向いていますが、その反面で値動きが大きいというデメリットがあります。

ドル円やユーロドルといったメジャー通貨ペアに比べると取引が活発でないため流動性が低いのです。

暴落、急騰のリスクも充分考えられる通貨となるので保有するだけでリスクがあるといえます。

ハイレバレッジで少ない証拠金維持率での長期保有では強制ロスカットの可能性も高まるため注意しなければなりません。

スワップ投資をしているトレーダーはレバレッジを低めにして、投資資金のごく一部をこの長期トレードに当てている方が多いです。

 

マイナススワップに注意

スワップポイントは金利差が毎日貰えますが、ポジションを反対に持つと金利差支払わなければならないこともあるので注意しましょう。

これをマイナススワップいいます。

 

例えば、米ドル/南アフリカランドの通貨ぺアであると売りポジションを持つとスワップポイントが貰えますが、買いポジションを持つとマイナススワップが発生します。

南アフリカランドの方が米ドルより金利が高いので、米ドルを買って南アフリカランドを売るという買いポジションではマイナスとなるのです。

通貨ペアを保有したからといって必ずもらえるわけではありません。

 

まとめ

スワップポイントはリスクも多いのであまり初心者にはおすすめのできない投資手法ですね。

急騰急落に巻き込まれてロスカットされてしまうとスワップの利益どころではなくなってしまうほどの損失が発生します。

まずはデイトレ―ドやスキャルピングといった手法を身に付けてから、リスク分散の投資先として考える事がおすすめです。

 

VISIONARY INVESTORSの最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。