トレードで勝つギャン理論!テクニカル分析の始祖!W.D.ギャンの人生【FX】

皆さんこんにちは、雷(らい)です。

 

歴史に残る天才トレーダーたちの人生をご紹介していこうと思います。

 

早速ですが皆さんは、

 

W.D.ギャンという人物を知っていますか?

 

W.D.ギャンは生涯のうち52年間をトレーディングに費やし、

 

莫大な資産を築いた伝説的トレーダーなんです。

 

また、彼はテクニカル分析の始祖とも呼ばれ、

 

今もなお数多くの崇拝者がいるほど影響力のある人物です。

 

W.D.ギャンがどんな人物なのか、

 

興味が湧いてきたのではないでしょうか?

 

当記事では、伝説的トレーダーの

 

W.D.ギャンがどのような人生を歩んでいるのか

 

ストーリー形式で紹介していきます。

 

  • ギャンがどのような環境で育ったのか
  • ギャンが資産を築き上げた手法
  • なぜテクニカル分析の始祖と呼ばれているのか

上記について分かりやすく紹介しますので、

 

投資家を目指している方は、

 

ぜひチェックしてみてくださいね!

 

ギャンの誕生

 

ギャンは、1878年6月6日に

 

アメリカのテキサス州で生まれました。

 

代々軍人の綿農家の家系だったそうです。

 

綿栽培は豊作と凶作を繰り返していたため、

生活は楽ではありませんでしたが、

 

メソジスト教徒の母の教育のおかげで

 

ごく普通の優秀な小学生に育ちます。

 

しかし、

 

1つだけギャンが普通の小学生とは異なる部分がありました。

 

それは、人並外れた「向学心」です。

 

ギャンは聖書を読み漁り、

 

キリストの心理を明らかにしようとしました。

 

聖書を読み漁るなんて、凄い向学心ですね!

 

この向学心が後に、

 

彼の投資家として活動する源になったのかもしれません!

 

相場人生の始まり

 

ギャンの家は貧しかったため

 

大学進学は諦めましたが、

 

親の反対を押し切って新聞の売り子になります。

 

家業の綿農家を継がなかったんですね!

 

その後、ギャンは綿花工場で働いて

 

綿花取引のノウハウを学びます。

 

そしてギャンが24歳のときに、

 

少ない投資で相場を行うようになりました。

 

これが彼の相場人生の始まりです!

 

他の有名なトレーダーはもっと若くして

 

投資の世界に足を踏み出すしますが、

 

ギャンは少し遅かったんですね!

 

しかし、ここからがギャンの凄いところなんです。

 

初めての失敗

 

3年後、ギャンは近隣に

 

知られるほどのトレーダーになっていました。

 

相場がギャンの

 

予想した通りに動くと話題になり、

 

彼の予測が新聞に掲載されるようになっていたんです。

 

1906年、28歳になったギャンは

 

株のブローカーとして働きますが、

 

会社が景気の低迷で倒産。

 

 

これがギャンの相場人生で

 

初めての失敗になります。

 

他の名高いトレーダー達のように、

 

ギャンも失敗を経験していたんですね。

 

 

私も失敗することは多いのですが、

 

挫けてはいられません!

 

その後、彼の人生はどうなっていくのか?

 

 

詳細は下記動画で詳しく解説していますので、

 

続きが気になる方はぜひご覧ください!

 

VISIONARY INVESTORSの最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。