FX自動売買は土日はどうしたらいいの?

今回のテーマは『FX自動売買は土日はどうしたらいいの?』です。

FX自動売買を利用される方は、トレードに時間を取れないという方が大半だと思います。

 

土日も運用したいけれど、どうすれば良いかわからないという方に読んでいただけたらと思います。

 

この記事では、

  • 週明けに発生する「窓」とは
  • FX自動売買は土日にも運用できるか
  • 土日のFX自動売買における対策

を解説していきます。

 

自動売買での取引を始める前に、基本的な知識をインプットし勝率の高い取引ができるように備えておきましょう。

それでは、具体的なお話に入っていきます。

まずは、週明けに発生する「窓」についてです。

 

週明けに発生する「窓」とは

窓とはローソク足とローソク足との間に大きな空間が開く状態のことを指します。

この「窓」はFXや株といった多くの金融商品で見られます。

窓が発生する理由は大きな価格の乖離です。

基本的に相場は土日が休みとなっており、その間は取引できないことが多いです

営業時間外には為替レートの更新がありませんので、土日を挟んだ月曜日に大きな価格の乖離が生じるわけです。

FXは24時間365日取引可能という謳い文句がよく見られますが、これは中東系の相場が土日もやっているので、一部のFX会社は24時間トレードできるからです。

 

FX自動売買は土日でも運用できる?

結論から言ってしまえば、可能です。

しかし、これにはリスクが伴います。

まず、FX自動売買システムを稼働させたまま土日に突入しますと、月曜日までポジションを持ち越してしまう可能性があります。

そして月曜日に相場が開き、窓が発生するわけですが、ここで不利な方向に窓が発生した場合は含み損を抱えてしまいます。

損切りをすれば大丈夫と思うかもしれませんが、窓が発生すると損切りの位置が滑ってしまったり、最悪の場合、損切り設定が無効化される可能性もあります。

過去に○○ショックや突然のニュースなどで、歴史的に大きな窓が開くことがありましたが、ときに数百~数千pipsも価格が乖離することがあり、価格が戻ってこないこともしばしばあります。

窓が大きな損失にならないように、注意しましょう。

 

土日のFX自動売買における対策

先程の窓による損失を防ぐ対策としては、やはり土日の運用を控えるのが最も安全です。

裁量トレーダーやFX自動売買を利用しているトレーダーは土日の稼働を止めている方が多いです。

それでも、せっかくの自動売買なのだから、いちいち稼働停止するのが面倒くさいという方や、停止するのを忘れてしまうという方もいると思います。

土日も稼働させっぱなしにするのであれば、相場が逆行しても損失が痛くない程度のロット数で稼働させ続けると良いでしょう。

 

 

VISIONARY INVESTORSの最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。