【投資家必見】イングランド銀行を潰した男 天才ジョージソロスの人生

皆さんこんにちは、雷(らい)です。

歴史に残る天才トレーダーたちの人生をご紹介していこうと思います。

 

早速ですが皆さんは、

ジョージソロスという人物を知っていますか?

ジョージソロスは、バフェットとロジャーズに並ぶ3大投資家の1人であり、

「イングランド銀行を潰した男」とも呼ばれる人物なんです!

 

当記事では、3大投資家の

ジョージソロスがどのような人生を歩んできたのか

ストーリー形式で紹介していきます。

 

  • ジョージソロスがどのような環境で育ったのか
  • どのような手法で投資を行ったのか
  • 「イングランド銀行を潰した男」と呼ばれる理由

上記について分かりやすく紹介しますので、

投資家を目指している方は、

ぜひチェックしてみてくださいね!

ジョージソロスの誕生

ジョージソロスは、

1930年にハンガリーの首都ブダペストに生まれました。

彼はユダヤ人の家庭であったため、

1944年のヒトラーによるホロコーストの影響は受けてしまいます。

ヒトラーによるユダヤ人の殺戮は有名ですよね…

彼も殺戮に巻き込まれてしまう…と、思いきや父は家族のために身分証明書を偽造しており、

何とか殺戮から生き残ることができたんです。

 

当時の経験をジョージソロスは、

「人生の中で1番幸せな時期だった」と語っています。

この発言から、

ジョージソロスは強い精神力の持ち主であることが伺えますね!

 

初めての投資

ジョージソロスは、

ハイパーインフレーションが起きていた間に

初めて通貨取引を始めます。

 

そして、彼はハンガリーに渡ってLSEに入学。

哲学に強い関心を寄せていたジョージソロスは、

哲学者カール・ポパー『開かれた社会とその敵』読み、

彼を師として崇めるほどの感銘を受けます。

 

ブームの先駆者へ

LSEを卒業したジョージソロスは、

外国人というハンディを背負っていたため

様々な仕事を転々としていました。

行きついた先は、国際裁定取引の業務です。

 

当時のアメリカでは

対欧州投資に関する情報が少なかったため、

ジョージソロスは業務を通してブームの先駆者になりました。

彼の影響は凄まじく、

J・Pモルガンなどの金融機関も

ジョージソロスの分析レポートを

頼りにするほどだったんです!

 

一個人の投資家がここまでの影響力を持つなんて、

凄いことですよね…

私にはちょっと想像できません。

 

その後、ジョージソロスの人生はどうなっていくのか?

詳細は下記動画で詳しく解説していますので、

続きが気になる方はぜひご覧ください!

 

当記事では一部割愛している部分があるため、

動画で見ることでよりジョージソロスの人生を

理解することができるはずです。

VISIONARY INVESTORSの最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。