【和製ウォーレンバフェット】日本一の投資家 竹田和平の人生

皆さんこんにちは、雷(らい)です。

歴史に残る天才トレーダーたちの人生をご紹介していこうと思います。

 

早速ですが皆さんは、

竹田和平という人物を知っていますか?

 

彼はたまごボーロの生みの親であり、

日本一の投資家と呼ばれている人物なんです。

 

当記事では、

竹田和平がどのような人生を歩んできたのか

ストーリー形式で紹介していきます。

 

  • どのような環境で育ったのか
  • どのような人生を送ったのか
  • 日本一の投資家と呼ばれる理由

 

上記について分かりやすく紹介しますので、

投資家を目指している方は、

ぜひチェックしてみてくださいね!

 

竹田和平の誕生

竹田和平は1933年、

愛知県名古屋市に生まれました。

彼の家は菓子屋を営む大家族でしたが、

幼少期は幸せなものではなかったそうです。

 

というのも、竹田和平が生まれた当時は

十五年戦争※の真っ最中。

(※満洲事変、日中戦争、太平洋戦争の全期間のこと)

 

幼少期に戦争の影響を受けたということは、

想像に難くありません。

 

そんな中、竹田和平は豊臣秀吉の

伝記『太閤記』を読み、

「誰もやっていないことをやったら日本一」

という言葉に強い影響を受けます。

 

戦時中ということもあって、

竹田和平はとても苦労していたんですね…

苦労人には成功者が多いですが、

竹田和平もその一人だったということでしょう。

 

竹田製菓株式会社の設立

竹田和平は1952年に、

竹田製菓株式会社の設立しました。

この会社を設立してから、

皆さんの知る「たまごボーロ」を開発することになっていくんですね。

 

当時は食料が豊富になかったため、

お菓子のたまごボーロは

市民にとても喜ばれたといいます。

しかし、工場があった

北海道では思うように売れず、

大量の在庫を抱えてしまいました。

 

そこで竹田和平は、

北海道でたまごボーロが売れない理由をリサーチします。

すると、

・北海道という地域の気候
・人々の職業による違い

上記の2つの原因を発見し、

エネルギーの高い脂や糖分を多く含んだものを

欲しているということに気づきました。

 

原因を解明した竹田和平は、

たまごボーロの生地を使用した

パインサンドの販売を開始。

その反響は凄まじく、

地域ではたちまち話題になり

商売が起動に乗るようになったのです。

 

やはり原因をリサーチするのは大事ですよね!

これは投資に限らず、

非常に重要なことだと思います。

 

その後、竹田和平の人生はどうなっていくのか?

詳細は下記動画で詳しく解説していますので、

続きが気になる方はぜひご覧ください!

当記事では一部割愛している部分があるため、

動画で見ることでより竹田和平の人生を

理解することができるはずです。

VISIONARY INVESTORSの最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。