まだ、仮想通貨の、詐欺案件に投資してるの?

こんにちは、トレーダーのベアです。

本日は

「まだ仮想通貨の詐欺案件に投資してるの?」

という少し煽った内容で紹介していこうと思います。

 

ビットコインに興味のある方なら

とても重要な情報になりますので、ぜひご覧ください。

 

まだ仮想通貨の詐欺案件に投資してるの?

現在ビットコインが上がったことによって、

投資案件が増えてきました。

実際、私の元にも投資案件に関する様々な相談が来ています。

ハッキリ言ってしまうと、

仮想通貨を扱っているのであれば

誰かに預ける、新しい取引所が開くといった

案件はほぼ投資する価値がありません。

 

全部とは言いませんが、

多くの案件はやる意味がないと思っています。

なぜなら、

私たちがお金を預けるときは、

カウンターパーティーがいます。

投資案件でいうと、

新しい会社「A社」に対してお金を預けると運用してくれて、

その手数料分を返してくれるという話があるわけですね。

 

しかし、これにはリスクが存在します。

例えば1億円をA社に預けて

会社がなくなってしまった場合、

お金が全てなくなってしまう…

これが最大のリスクであり、よくある投資詐欺になります。

 

そもそも、人に何かを預けるというのは

とてもリスクの高い行為です。

大手銀行は信頼があるが故に

お金が集まってくるわけですから、

明日すぐに潰れるようなことはありません。

 

ではブロックチェーン周りに何が起こっているのか?

実はプログラムが出来上がっていて、

スマートコントラクトにお金を預け入れると

利息が自動的に支払われるようになっています。

たとえば、月利4%でイーサリアムを預けて

引き出したいときにスマートコントラクトにお願いすると、

利息と元本が戻ってくるわけですね。

 

要するにカウンターパーティーリスクがありません。

「開発者が動かせるのでは?」と

思うかもしれませんが、

開発者でも動かすことは不可能です。

例えるなら、金庫を作った人が

売った後の金庫を開けることができないのと同じですね。

 

つまり何が言いたいのかというと、

預けたお金を持ち逃げされるリスクよりも、

ブロックチェーンがハッキングされる

リスクの方が低いということです。

 

ちなみに、イーサリアムも

ステーキングプログラムといって、

お金を預けてくれれば

年利14%ほど返すというものが始まってきています。

これらのことから、

誰かから紹介された投資案件に

投資する必要はないと思っていますね。

 

もちろん、

中には良いプロジェクトもあるとは思います。

ただ長い間運営した実勢があったり、

しっかり配当されているようでなければ

関わらない方が賢明でしょう。

変な投資案件に参加するのであれば、

ビットコインやイーサリアムを買っておく方が良いです。

 

VISIONARY INVESTORSの最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。