破産したクリプトピアから仮想通貨が戻って来るらしい!

こんにちは、トレーダーのベアです。

本日は

「破産したクリプトピアから仮想通貨が戻って来るらしい!」

というテーマでお話していきます。

 

クリプトピアを利用していた方にとっては

重要な情報になりますので、ぜひご覧ください。

破産したクリプトピアはどうなった?

クリプトピアは

ニュージーランドの仮想通貨取引所で、

草コインやアルトコインのマイナーなものが上場されていました。

有名なものでいうと

セントラリティなどが購入できて、

2017年には草コインが50倍~100倍になっていましたね。

 

しかし、仮想通貨市場が低迷していた2019年に

30億円のハッキングを受けた影響で、

取引所が使えないという状況になりました。

現在は正式に倒産することが発表され、

かれこれ2年弱続いている感じです。

 

実は私はかなりの数の仮想通貨を

クリプトピアに入れていたため、

被害に遭っています。

ただ、ハッキングされたといっても

全額被害に遭ったわけではなく、

預かり資産に関する裁判が行われました。

 

具体的には、残った資産が

・株主
・預け入れたユーザー

上記のどちらのものなのかという裁判ですね。

これは2019年4月に結果が出ており、

資産はユーザーのものであると判決が下りました。

 

2021年1月の段階で、

預け入れた人は本人確認を進めるよう

促している状況です。

そのため、

当時クリプトピアに預けていた方は

登録メールアドレスにメールが届いているはずです。

 

ちなみに私には

まだメールが届いていなかったので、

問い合わせをしている最中ですね。

今お問い合わせをすれば、

預け入れていた通貨が返ってくる可能性があるため、

該当ユーザーはメールを確認してみてください。

VISIONARY INVESTORSの最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。