【実話】資産2兆円!大胆無敵!SoftBankの創業者 孫正義の人生【アニメ】

皆さんこんにちは、雷(らい)です。

歴史に残る天才トレーダーたちの人生をご紹介していこうと思います。

 

早速ですが皆さんは、

孫正義という人物を知っていますか?

 

彼は大企業であるソフトバンクの創業者で、

総資産は2兆円を超えると言われているほどの人物なんです!

 

当記事では、

孫正義がどのような人生を歩んでいるのか

ストーリー形式で紹介していきます。

 

  • ソフトバンク創業までの経緯
  • 孫正義の思想・考え方
  • 孫正義が育った環境

 

上記について分かりやすく紹介しますので、

投資家を目指している方は、

ぜひチェックしてみてくださいね!

 

孫正義の誕生

孫正義は1957年、

佐賀県鳥栖市の朝鮮人集落で生まれました。

彼の家は非常に貧しく、

豚や羊と一緒に生活する不衛生な場所で育ったそうです。

 

そんな中、孫正義の父は

密造酒製造販売や消費者金融、

パチンコ業で大成功して一気に裕福な暮らしになりました。

そして彼は福岡県に引っ越し、

久留米大学附設高等学校に通い始めます。

 

在学中に読んだ

司馬遼太郎の『竜馬がゆく』に感銘を受け、

「何事かを成し遂げたい」と考えるようになったそうです。

 

孫正義はかなり過酷な環境で育っていたんですね。

豚や羊が周囲にいる生活なんて、私には考えられません…。

 

藤田田と面会する孫正義

孫正義は日本マクドナルドやトイザらスの創業者である

藤田田の『ユダヤの商法』という本を読み、

「彼と面会したい」と考えるようになります。

しかし、ただの高校生だった孫正義は

何度も面会を断れたそうですが、

最後は根負けして藤田田との面会を実現させます。

 

面会中に孫正義は

「アメリカで何を学ぶべきか」と質問したところ、

藤田田は「コンピューターを学ぶべきだ」と主張しました。

この助言がソフトバンクのオリジンとなるのです。

 

そして、彼は1975年に久留の高校を中退し、

周囲や家族の反対を押し切ってアメリカに渡ります。

サンフランシスコに渡った孫正義は、

セラモンテ高校に編入。

その後、校長に掛け合い

「教科書の内容は全て理解できる」と主張して

カルフォルニア州の大学試験検定を受けることになります。

 

普通の高校生が一流企業の社長と面会するなんて凄いですね!

何事も諦めるのは良くないということでしょうか。

 

その後、孫正義の人生はどうなっていくのか?

詳細は下記動画で詳しく解説していますので、

続きが気になる方はぜひご覧ください!

当記事では一部割愛している部分があるため、

動画で見ることでより孫正義の人生を

理解することができるはずです。

VISIONARY INVESTORSの最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。