【13日後に死ぬ(かもしれない)オンキョー株】オンキョー株ってどこで利確すればいいの?投資で必須のリスクリワードを完全解説

こんにちは、トレーダーのベアです。

 

youtubeで投稿した動画でも言ったのですが、

レボリューションは売ってしまいました。

 

理由はとても単純で、

エボファンドが入れる確率が下がってしまったからです。

 

オンキョーについてはすでに入れてしまったので、

上場廃止になるか見守っていこうと思います。

さて、今回の本題ですが

当記事では「投資で必須のリスクリワード」

について紹介していきます。

 

というのも、

最近はリスクリワードについて

教えて欲しいという声が多く寄せられているんですよね。

 

投資で稼いでいくなら

必須の知識になりますので、

ぜひ当記事をご覧ください。

投資で必須のリスクリワード

リスクリワードを簡単に言えば、

どのくらいの損失に対して

どのくらいの利益を狙ったトレードをするのかという比率のことです。

 

リスクリワード=獲得利益/許容損失
=100万円/50万円
=2
上記はリスクリワードの計算式になります。
この計算式は
100万を狙ってエントリーしてストーリーを外した場合、
許容損失50万円で損切りをするということを表しています。
つまり、最悪50万円なくなるが
上手くいけば100万円の利益が出るということになりますね。
この状態は「リスクリワード2」となります。
はっきり言って、このリスクリワードを知っておかないと
投資で勝ち続けることはできません。
実際、僕は今まで数々のトレーダーを見てきていますが、
リスクリワードを知らずに勝ち続けている日人を見たことがありません。
投資で買っていくためにも、
リスクリワードは必ず知っておいてください。

3種類のトレーダー

トレーダーには大きく分けて以下の3種類いると僕は思います。

・ベイビートレーダー
・キッズトレーダー
・トレーダー

それぞれのトレーダーの特徴を説明します。

 

ベイビートレーダー

まずベイビートレーダーは、

トレードを始めたばかりの初心者のことを指します。

「全く勝てないんだろうなぁ」

と思うかもしれませんが、

実は一気に儲けることがあります。

 

なぜなら、初心者は自分が負けると思っていないので

リスクを取ってエントリーをしていくからです。

 

そしてプロ並みのタイミングで

エントリーすることがあり大きく利益を上げるというわけですね。

いわゆるビギナーズラックです。

 

損失を出した後は、

怖くなってエントリーできなくなる人が多いですね。

 

キッズトレーダー

キッズトレーダーは、

そこそこ知識が付いてきた中堅です。

 

チャートも読めるようになるのですが、

大きく勝つか大きく負けるかなので稼げません。

リスクリワードを聞いても答えられないことが多いですね。

 

トレーダー

トレーダーになってやっと稼げるようになります。

ただ、トレーダーでも100%勝つわけではありません。

 

リスクリワードや資金管理がしっかりしていて、

負ける額よりも勝つ額の方が大きいので、

稼ぐことができるんです。

 

下記の動画では

今回の内容を深堀りしながら、

リスクリワードについて詳しく解説しています。

 

投資の知識を身に付けたい方は、

ぜひ動画を視聴してみてください。

VISIONARY INVESTORSの最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。