BTCは3月に下がって、4月にあがる?過去のデータからわかる法則とは。

おはようございます。

トレーダーのベアです。

 

サクラも満開で、春が到来中ですね。

2021年に入り急上昇を続けてきた

ビットコイン価格も3月はしっかりと調整期間に入りました。

3月26日にDERBIT最大のオプションカットもあり、

価格への影響が気にされていましたが、無事に通過。

50,000ドル付近まで下落していたBTC価格は、

55,921ドルまで上昇してきました。

 

さて、このビットコインがどのような動きをしてくるか。

実は、過去のデータを見るとそれが予想できます。

 

これは、ビットコインの2013年からの

月別の上昇と、下落をデータにまとめたものです。

 

これを見てみると、ビットコインには、

上昇しやすい時期、下落しやすい時期があることが分かります。

 

2021年は若干例外ではあるのですが、

1月と3月は価格は下落しやすい時期であることが分かります。

 

そして、4月は過去4年間のデータをみても、

非常に上昇しやすい一ヵ月であることが分かります。

 

2020年を思い返すと、2020年5月の

半減期があり、4月、5月で

大きく価格が上昇したのは記憶に新しいところ。

 

個人的には、ビットコイン価格は大きなレンジで調整している

最中だと考えていますので、

確かにレンジ下限から、上限付近、62,000USDまでは

上下あると思いますが、

次の上げで最高値を目指すかというと

それは難しいのではないかと思います。

 

私のようなトレンドフォローのトレーダーには

中々大きく張りにくい相場になりました。

 

逆にレンジトレーダーにとっては非常に勝ちやすい相場なので、

このデータを参考に、4月の相場戦略を作成してみてください。

 

 

VISIONARY INVESTORSの最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。