【6日後に死ぬ(かもしれない)オンキョー株】EVOに動きあり!大口の動きは変更報告書でつかめ!読み方を解説!

こんにちは、トレードのベアです。

 

当記事では

3月24日時点でのマーケットと

オンキョー株の動きについて紹介していきます。

また、今回はEVOに動きがありましたので

こちらも合わせて紹介します。

 

オンキョー株について興味のある方は、

当記事を今後の投資戦略の参考にしてみてください。

マーケット全体の動き

マーケット全体で言うと

かなり軟調になってきていますね。

過去記事でもお話ししましたが、

日経平均は日銀の買い入れ額の減少から

軟調になって2万9000円を割り、

2万8000円まで落ち込んでいます。

 

また、米ドルやユーロも下落していますね。

以下は3月24日時点での銘柄になります。

見ていただければ分かるとおり、

数字が真っ青ですよね。

皆さんも気になっているであろう

オンキョーは1円下がって15円になっています。

1円でも下がり幅で言えば6%になりますので、

かなり大きいです。

 

次は保有銘柄を見ていきましょう。

全般的に下がっている印象です。

昨日の含み益140万くらいあったのが、

96万くらいになってしまいました。

エボファンドの変更報告書

3月23日にエボファンドが変更報告書を出しました。

前回保有割合7.67だったものが6.18に減っています。

ただ、発表日は23日になっていますが、

時差があるため減った当日に

変更報告書が出されるわけではないという点は注意しましょう。

変更報告書の読み方

投資の予備知識として

変更報告書の読み方を知っておくと、

裏でどんな取引が行われているのか

理解することができます。

 

変更報告書をじっくり読むことは

少ないと思いますので、

今回公開されたエボの変更報告書について

触れていこうと思います。

 

まず大量保有報告がなぜ公開されるのか?

結論からいうと、5%以上を保有している

大量保有株主が1%以上の増減があったとき、

報告をしなければならないというルールがあるからです。

 

上記画像をご覧ください。

株券等保有割合という項目が7.686から

6.34に減っていることが分かりますよね。

つまり、報告しなければならない1%以上の減少になります。

 

 

下記の動画では、

今回の内容を深掘りしながら

変更報告書の読み方について紹介しています。

変更報告書の読み方を解説してくる

動画かなり少ないと思いますので、

投資をしている方はぜひ視聴してみてください。

VISIONARY INVESTORSの最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。