【3日後に死ぬ(かもしれない)オンキョー株】大量保有報告書を読み解け!直前にEVOFUNDはあげてくる? オンキョーは上場廃止になるのか 徹底解説!

こんにちは、トレーダーのベアです。

 

3月29日時点でのオンキョー株は、

16円と17円をフラフラしている感じです。

こちらはいつもと変わりありませんね。

だだ、エボファンドの大量保有報告書が更新され、

3月26日の報告で保有割合が

6.18%から4.8%に減っています。

 

当記事では

エボファンドの保有割合が減った詳細を

大量保有報告書を読み解きながら解説していきます。

オンキョー株について興味のある方、

大量保有報告書の読み方について

興味がある方はぜひ当記事をご覧ください。

エボファンドの保有割合が減った詳細

変更報告書の提出が求められるのは、

株券等保有割合が1%以上増減した場合のみです。

これは過去記事で紹介しましたね。

 

報告書を見てみると3月17日に

PTSで売っているのが分かります。

そして、現在の残りの

パーセンテージが4.8%になりました。

実はこの数字は大きな持っているんです。

上記画像は近畿財務局のホームページにある

「株券等の大量保有の状況等に関する開示制度etc…」という記事です。

このページによると、

株券等の保有割合が5%を超えている者を

大量保有者と定義しています。

つまり、報告書の提出義務を負うことになるというわけですね。

よく5%ルールと言われるのですが、

注目するべきポイントはここではありません。

 

重要なのは5%以下になると、

ここから先は報告義務がなくなるということです。

今まではEVOが売っているのかは

変更報告書から追うことができましたが、

5%以下になったら今後の動きを読めなくなってしまうんです。

投資をしている人にとっては、大きなデメリットと言えますね。

 

上記は、

前回出たデッドエクイティスワップのIRです。

C種の種類株式の払込期日が

3月30日になっているのが分かりますよね。

このことから明日、

これが実行されたというIRが出ると予測しています。

 

また、12月に出されたエボのIRを見てみると、

「A種B種の売却は困難であり売却はできない」とあります。

恐らくEVOはもう増資をしてこないでしょうね。

そのため、前回実施したデッドエクイティスワップによって

債務超過もしくはそのほかの調達で免れるか否かで、

上場継続するかどうかの瀬戸際になると思います。

 

下記の動画では、

今回の内容を深掘りしながら

エボファンドの保有割合が減った詳細について

読み解いています。

一部割愛している部分がありますので、

より詳しい情報を求めている方は動画をご覧ください。

VISIONARY INVESTORSの最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。