リップル150円突破。上昇か下落か!?今月の仮想通貨相場はどうなる?

こんにちは、ビジョナリーインベスターズのトレーダーベアです。

今週末はリップルが160円に到達する大幅上昇。

それにともなって、ステラも

大幅上昇しました。

 

リップルについては、2020年の秋口に、

米国の証券取引委員会からリップルは証券であるという

訴訟をうけてしまった為に、コインベースなどの取引所から

上場を廃止されてしまい、

価格は一気に20円近くまで急落しました。

 

リップル裁判に進展、裁判官がSECの一部要請を棄却

coinpost.jp/?p=235832

上昇の理由としては上記のような
ファンダメンタルがでていますが、
私は正直、ファンダメンタルズは関係なく、
資金循環だと思っています。
2020年秋にリップルから大きく抜けた資金は、
ビットコイン、イーサリアムへと流入して、
大相場のきっかけになる上昇を演出しました。
それから、仮想通貨相場への資金流入は進み、
ビットコイン、イーサリアムは勿論、
多くの仮想通貨の価格が上場。
仮想通貨全体の時価総額は、200兆円を突破しました。
2017年の仮想通貨全体の時価総額は10兆円程度だったことを
考えると20倍にふくれあがっています。
その資金が流れる先を探して、
出遅れていたリップルに流入したと考えています。
ADAもそうですが、
リップルはSBIであったり、リップル本体であったり
相場をパンプするし、リップルが上昇することで
恩恵を受ける人が多くいることを考えると、
こういった大きな上昇を演出されやすい通貨でもあります。
ちなみに、2017年にリップルがつけた最高値は、
3.3ドルです。
様々な仮想通貨が過去最高値をつけていることを考えると、
リップルもこの上昇が途中で折れなければ、
この水準も一つ頭の中にいれておく必要があります。
上昇の勢いをみながら、リップルはロング戦略です。
一方で、ビットとイーサリアムは
高値圏には維持してますが、
いまいち、上昇力が弱くぬけだせていません。
この状況が長く続くと、失望うりから大きめの調整が
入るタイミングでもあります。
今週に大きな上昇力をみせられれば、
上昇継続となりますが、
4時間足がデッドクロスに近い形になっていることもあると、
大幅安も、大幅高もある、
非常にセンシティブな展開です。
ポジションの大きさにはしっかりと注意をしながら、
私は大幅調整のショートを狙っています。
NO IMAGE
VISIONARY INVESTORSの最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。