【2日後に死ぬ(かもしれない)オンキョー株】オンキョー20円まで急騰!野村2000億損失の影響も完全解説!!

こんにちは、ビジョナリーインベスターズのトレーダーベアです。

 

当記事では、

前回と同じように3月30日時点でのオンキョー株の状況、

マーケット全体のニュースについて解説・考察していきます。

今回はフラフラしていたオンキョー株にも、

動きが見られました。

 

また、野村ホールディングスで2000億円の損失が発生する

可能性があるというニュースも舞い込んできましたので、

こちらについても解説していこうと思います。

 

オンキョー株について興味のある方、

今回の野村ホールディングスの損失に興味のある方は

ぜひ当記事をご覧ください。

3月30日時点でのマーケット・オンキョー株の状況

3月30日の朝に動きがありましたが、

マーケット全体で見ると

日経がマイナス32円でダウが横ばいになっているという状況です。

 

これは後ほど紹介しますが、

野村ホールディングスがある投資家の

マージンコールの影響で2000億円に

近い損失ができるかもしれないということで、

マーケット全体がきな臭くなってきていますね。

 

全体的に暴落しているわけではないのですが、

少し横横になってきているという状況です。

では、オンキョーはどうなっているか見ていきましょう。

 

オンキョーは30日の朝に20円を付けて、

プラス25%という感じでした。

上記は実際のチャートですが、

大体15円~16円で底固めをしている中で、

陽線をつけています。

 

個人投資家の方が結構買っていると思われるため、

20円まで行ったら利確するということで今は落とされていますね。

今日は3月30日なのでIRが出ると思います。

それで実際に上場廃止を回避できたのかについて、

言及されるか注目ですね。

機関の空売り残高状況

各ヘッジファンドの空売り状況を見ると、

メリルリンチが19日にポジションを解消していますね。

 

大体空売りで入っていたいたので、

空売りがなくなったということは

上がるのを警戒しているという予測が立てられます。

 

EVOは前回紹介したとおり、

変更報告書が出されて保有割合が

6.18%から4.8%に減りました。

大量保有報告は5%以上の報告義務がありますので、

これでエボファンドとしては

変更報告する必要がなくなったという形になります。

 

投資家としてはここから予測が立てられなくなるため、

鬼が出るか蛇が出るかといったところです。

 

下記の動画では、

今回の内容を深掘りしながら

野村ホールディングスの損失に

ついて詳しく解説しています。

 

動画から知識を学んで、

実際の投資に役立ててください。

 

 

 

VISIONARY INVESTORSの最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。