4月14日週間レポート 相場は先週に引き続きリスクオン調子

こんにちは、ビジョナリーインベスターズのFXロボです。

毎週頭にテクニカル分析の週間レポート、

週半ばにファンダメンタル分析の相場の週間レポートを担当させていただきます。

 

先週のファンダメンタル中心のレポートはこちらから

関連記事

こんにちは、ビジョナリーインベスターズの編集Sです。 毎週頭にテクニカル分析の週間レポート、 週半ばにファンダメンタル分析の相場の週間レポートを担当させていただきます。   先週のファンダメンタル中心のレポ[…]

※編集Sに変わりレポートはFXロボが担当することになりました。

 

先週の予想の振り返りと今週の相場状況、調整相場のブレイクポイントなどをまとめます。

 

S&P500・NYダウ共に先週最高値を突破後も上昇中

米国株はとても順調に伸びています。

twitterでよく言われる、1年前に米国株を買っておけば・・・というような状況が続いています。

小難しいことを考えなくても相場を見なくても買っておけば、上がる。これが今の米国株の状況です。

 

先週も今週(4月13日時点)も高値を更新し続けています。

先週のレポートと同様で、引き続き全体的にリスクオンの相場状況と見ています。

 

ただし、リスク面も考えておいた方が良いでしょう。

今回リスク要因として考えられるのは、各国の新型コロナ感染症の影響でのロックダウンや海外渡航の制限の延長と

中国製のコロナワクチンは有効性が高くないというニュースです。

CNN.co.jp

中国疾病予防コントロールセンター(CCDC)の高福主任はこのほど、中国製の新型コロナウイルスワクチンの有効性は「高くない…

 

これらが経済にどう影響してくるのか、考えてみましょう。

先日までイギリスでは厳しいロックダウンが行われており

12日からようやく外食ができるようになりました😭

もし、また感染が広がってきたら、経済の循環も悪くなるので一気にリスクオフに傾く可能性もあることを視野に入れて置く必要があります。

 

今週のユーロドルなど為替相場の動きは?

ユーロドルでトレードしている方は先週の上昇で大きく利確ができた方と

逆張りでポジションの含み損が増えてしまった方と両方いるのではと思っています。

現在もみ合いになっていて1.191あたりをブレイクするかどうかという状況ですね。

この地点を大きく抜けてくると次のポイントは1.20あたりを目指すと考えられます。

 

移動平均線も若干上向きなのでどう相場が動くか注視していきたいポイントです。

1.75あたりで売り(ショート)ポジション持っている方は、ロスカットポイントを決めてトレードしていくと良いかと思います。

 

またリスクオンオフがわかりやすいのがクロス円の通貨ペアになりますが、

個人的に、現在はオーストラリアドルを含む通貨ペアが若干軟調気味で、出遅れ感があるのかなと思っています。

相場全体としてリスクオンに傾きかけているので今仕込んで利益を狙っていきたいですね。

VISIONARY INVESTORSの最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。