【実話】運用資金1200億円!コーエーテクモホールディングス会長!襟川恵子の人生【アニメ】

こんにちは、ビジョナリーインベスターズの雷(らい)です。

歴史に残る天才トレーダーたちの人生をご紹介していこうと思います。

 

早速ですが皆さんは、

襟川恵子という人物を知っていますか?

 

彼女はコーエーテクモホールディングス会長であり、

乙女ゲームのパイオニアと呼ばれている人物なんです。

 

当記事では、

襟川恵子がどのような人生を歩んでいるのか

ストーリー形式で紹介していきます。

 

  • どのような環境で育ったのか
  • 投資への考え方やスタンス
  • コーエー起業のきっかけ

 

上記について分かりやすく紹介しますので、

投資家を目指している方は、

ぜひチェックしてみてくださいね!

 

襟川恵子の誕生

襟川恵子は1949年、

神奈川県横浜市の日吉に生まれました。

その後、子供を育てやすいということで

小学生のときに群馬県の河原湯に移ります。

 

家から学校まで約4キロもあり、

通学路は反対側が崖で石が落ちてくることもある

危険な場所だったと言います。

 

また、学校では「都会の子」という理由でいじめを受け、

当時の事を襟川恵子は

「精神的に強くなった。あの経験が今に生きている気がする」

と語っています。

 

いじめは本当に辛いですよね。

しかし、いじめの経験を将来に活かしていけるのは

襟川恵子さんの強さと言えるのではないでしょうか?

 

襟川恵子の大学生活

襟川恵子は理想の大学生活を求め、

多摩美術大学の美術学部デザイン科に入学します。

 

志望動機は友達のお姉さんが

「とても楽しい大学」と語っていたことに

大きく影響されていたそうです。

 

大学の講義には映画監督の

大島渚氏や篠田正浩氏が担当。

芸術祭には芸大ならではの

ボディペイントや独特な模擬店などが出店し、

とても充実した大学生活を送っていたそうです。

 

文字だけでもアグレッシブな生活が想像できますね!

ちょっと羨ましいです!

 

コーエー起業のきっかけ

襟川恵子は襟川陽一と結婚しますが、

両親から大反対され

仕事を続けることを条件に許可を得たと言います。

 

そして、

陽一が恵子の誕生日に”とあるプレゼント”をします。

 

それはシャープのMZ-80Cというパソコンでした。

陽一は「このパソコンがあれば仕事が楽になる」と語っており、

独学でプログラミングを学んでゲームを自作します。

これがコーエー起業のきっかけになったのです。

 

陽一さんはパソコンをプレゼントしていたんですね!

独学でプログラミングを学ぶなんて、

なかなかのチャレンジャーです!

 

その後、襟川恵子の人生はどうなっていくのか?

詳細は下記動画で詳しく解説していますので、

続きが気になる方はぜひご覧ください!

 

当記事では一部割愛している部分があるため、

動画で見ることでより襟川恵子の人生を

理解することができるはずです。

VISIONARY INVESTORSの最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。