株の信用取引ってなに??

こんにちは、ビジョナリーインベスターズ、
株式投資の記事を担当するロボです。

本日は、タイトルにもある様に
株式取引の「信用取引」について解説します。

信用取引とは?

信用取引とは、現金買付とは違い、
証券口座に入っている現金や株式、投資信託を担保として

その担保合計金額の3.3倍の金額が、
購入資金となり株式取引が可能です。

例えば、100万円分の株と現金があれば、
330万円分の信用取引が可能になります。

信用取引金額については、
各証券会社の情報を確認してください。

信用取引のメリットとデメリット

やった、100万円が330万円になったらか、
430万円分取引できる!

というメリットはもちろんありますが、
反対にデメリットも存在します。

信用取引の3つのメリット
1つのデメリットについて説明します。

3つのメリット

1:株の売りから参加できる
信用取引の一番のメリットと言ってもいいのが、
この売りから取引に参加できるという点です。

売りから参加できるようになると、
〇〇ショックという様な、下降トレンドでも利益を得ることができるようになります。
2:株式などを担保にできる
持っている株や投資信託などを担保にすることができるので、
塩漬けしてしまった株、投資信託を担保として株式の売買が可能です。

3:資金が3.3倍で運用ができる
口座に入れている資金プラス、持っている株や投資信託などの3.3倍が信用取引残高として株式の売買に使用できます。
また、現物では資金が足りず売買できないような銘柄を取引することもできます。

以上が信用取引をする上で、得られる3つのメリットになります。

1つのデメリット

デメリットとして挙げられるのが、
自己資金(保証金)を失ってしまう場合があるという点です。

例えば、
10万円を証拠金として信用取引を行うと、
30万円分の資金を運用することができます。

30万円を元手に売りで取引を行った結果、
予想とは逆に動き株価が上昇したので買い戻しました。

買い戻した総額 45万円でした。

その場合、信用取引の金額で見ると、
30万円ー45万円なので、マイナス15万円です。

15万円分が30万円の余力から差し引かれるわけではなく、
資金が0円になり、更に証拠金が5万円足りず、
マイナス5万円になるので追加で5万円を口座に入金しないといけません。

取引がマイナスになった場合は、
証拠金から引かれるので
上記の様に負債を抱えてしまう場合があるので注意が必要です。

大きな金額が取引できるという信用取引のメリットの部分が
諸刃の剣になってしまう場合もあるので、徹底した資金管理が大切です。

売りから取引するとは?

先程から、信用取引のメリットは
「売りから参加できる事」と説明していますが、

売りから取引するというイメージや、
仕組みがわからないと思うので「売り」について説明します。

株式取引は基本的には、
自分が持っている資金で株を購入します。

これを現物買い、現物売りと言います。

しかし、信用取引になると、
証券会社から株式を借りて取引を行います。

なので、「売り」というのは、
証券会社が持っている株を売らせてもらい、
買い戻して証券会社に返しているという仕組みになります。

その際の価格差が利益として得られるのが
「売りから参加する」ということになります。

例えば、
1000円の株を証券会社から借りて売ります。
その株価が800円に価格が下がったときに買います。

その価格差200円が利益となります。

逆に、1000円で売った株を
1200円で買い戻した場合は200円の損失になります。

信用取引のメリットは十分にありますが、
デメリットでお伝えした様に資金を失うリスクもあるので、
相場のトレンドをしっかりと見極めてください!

VISIONARY INVESTORSの最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。