BTCが遂に急落、2021年のバブル相場終了か!?

トレーダーのベアです。

2020年後半から、上昇一色だった仮想通貨市場に、

ついに一旦終了のサインがでました。

 

 

ビットコイン、イーサリアムともに大幅下落。

それをうけて、他のアルトコインも大きく調整に入りました。

 

ことの発端はイーロンマスクのTweet。

 

 

今回の相場の中では、TESLAとイーロンマスクがビットコインの上昇に

大きく影響を持ちました。

ビットコインが440万円台で調整していたときに、

イーロンマスクが突如、TESLAとして、ビットコインを購入することを発表。

さらに、ビットコインでTESLAの車を購入できるようにするとも

発表しました。

 

TESLAの株価もイケイケのモーメントでしたので、

それをうけて、ビットコインは600万円台に駆け上がりました。

 

しかし、僕の中でずっともやもやしているものがありました。

それは、

 

「CO2削減を叫んで電気自動車を開発する会社が、

マイニングでしこたま電力を消費するビットコインを指示するのは、

真逆のポジションだろ!?」

 

という点です。そして、案の定、このTweetで

ビットコインでのTESLA車購入を一旦停止。

 

ついにイーロンプレミアムが終了をむかえたのです。

で、、あれば、イーロン砲まえの、440万円前後にビットコインが

戻ってきても何ら不思議はありません。

 

また、TESLAも保有していたビットコインを高値で売却していたようですし、

2018年にロジャーバーあたりが、ビットコインキャッシュやらを

買い煽っていた、その相場と登場人物がかわっただけで、

何も変わっていないなぁ~というのが僕の印象です。

 

そして、ビットコインが高値をつけ、

その一ヵ月後にイーサリアムが高値をつける。

そして、アルトコインはとにかくバブって上がりまくる。

 

2018年とまったく一緒です。

ちなみに私は保有している仮想通貨はすべて、先々週に売却。

そして、ショートポジションしかもっていません。

 

税金が発生するのもわかっています。

しかし、2017年、2018年は税金をおそれて利確できず、

そして、もっていたコインはすべて価値を大きく失いました。

税金を払ってでも、高値圏で一度売却しておけばよかった。

それが私の教訓でした。

 

今回は、55%の税金を払ったとしても、

現金を残すことを選びました。

税金を払わなければ、税後のお金は残せません。

税後のお金が残せなければ、自由に使えるお金は増えません。

 

仮想通貨で何億もっていても、税金がこわくて、

まったく現金をもっていない、投資家を何人も見ています。

 

しっかり現金にして、その税後の現金をまたしっかり運用していきたいと思っています。

 

しかし、天井ショート狙いも10連敗くらいしてましたので、

本当につらい勝負でした。

私のツイッターを見てくれていた人なら、

何度もトライして、切られまくったのをリアルタイムで

見てくれていたと思います。

億を稼ぐトレードも蓋をあければ、こんなもんです。

トライして切られて、全然華麗なトレードでもなんでもない。

10連敗もすると、夜も寝れなくなりますし、

自分に自信がなくなります。

トレード歴10年を超えてもそれは一緒。

ただ、自分のストーリーが崩れるまでは、絶対にあきらめない。

折れないメンタルと資金管理をもっている。

これが絶対的に素人とは違う部分だと思います。

10連敗も、一回の大きなトレードで全て、ひっくり返して、

利益にすることができます。

 

ちなみに、

 

ビットコインショートの利確目標は40,000ドル。

イーサリアムで3,000ドル。

 

調整相場なら、この水準までは落ちるだろうと思っています。

今週も相場から目が離せません。

VISIONARY INVESTORSの最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。