「サイコロ」で見る株式取引

こんにちは、ビジョナリーインベスターズ、
株式投資の記事を担当するロボです。

本日はテクニカル分析の1つ
「サイコロジカルライン」について説明します。

銘柄情報のどこを見ればいいかというと、
下記の画像で赤枠で囲っている。

サイコロ、8勝4敗(66.7%)とあります。

この「サイコロジカルライン」を見ると、
株式取引でどういったメリットがあるかについて
説明していきます。

 

サイコロジカルラインとは

まず、サイコロジカルラインの
「サイコロジカル」とは「心理的な」という意味です。

この意味の通り、
株式市場に参加している
投資家の心理を数値化したものになります。

注目している銘柄の価格がどんどん上がっていたら、
そろそろ下落するだろうという心理を数値化したもので、
パーセンテージを使用して表現されます。

75%以上だと売り、
25%以下だと買いの様に判断して使用します。

サイコロジカルラインの読み方

サイコロジカルラインは、
投資家心理を数値化したものとお伝えした様に、

数値の読み方としては、
強気(75%以上)になれば「売り」、
弱気(25%以下)になれば「買い」のという、
逆バリの指標になります。

ただ、12日間の終値が
「前日比プラス」の日数を数え、
12日間のうちプラスの比率を求めるだけの指数になるため

例えば
8勝4敗(66.7%)と記載があれば、

前日より終値がプラスの日程が8日間、
マイナスの日程が4日間あったということになります。

なので、
8÷12×100=66.7%

と表現することができます。

但し、ダマしが発生することがあるので、
必ずしも強気だから売りということではありません。

サイコロジカルラインを使ったトレード

上記の画像の様に、

75%に達したら、
強気のため「売り」

25%のラインに達したら、
弱気のため「買い」

の準備をしておきます。

だたし、上昇する可能性もあるので
その他の指標を使用して相場全体の流れを見て、
トレードするといいでしょう。

上記の様に、
MACDの短期(緑の線)が下降しているので、
2つの指標がトレンドが下降の兆候を示したの
「売り」で入る

という様に、
取引をしてみてください!

それでは、
次回も楽しにしていてください!

 

VISIONARY INVESTORSの最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。