【実話】200億を1.5兆円にした後、野村に2000億の損をぶっこむビルファンの人生

こんにちは、ビジョナリーインベスターズの雷(らい)です。

歴史に残る天才トレーダーたちの人生をご紹介していこうと思います。

 

早速ですが皆さんは、

ビルファンという人物を知っていますか?

 

彼は200億を1.5兆円にした後に

野村に2000億の損をさせたと言われるパワフルな人物なんです。

 

当記事では、

ビルファンがどのような人生を歩んでいるのか

ストーリー形式で紹介していきます。

 

  • どのような環境で育ったのか
  • 投資への考え方やスタンス
  • 2000億の損とはどういうことなのか

 

上記について分かりやすく紹介しますので、

投資家を目指している方は、

ぜひチェックしてみてくださいね!

ビルファンの誕生

ビルファンは1965年、

韓国で生まれました。

彼は高校3年生のときにアメリカに移住し、

カルフォルニア大学ロサンゼルス校を卒業。

 

さらにカーネギーメロン大学で

MBAの学位を取得します。

その後、現代証券ニューヨーク支店に入社した

ビルファンは株式ブローカーの仕事を得ることになるのです。

 

投資家として有名になる方々は、

ブローカーの仕事をしていることが多いですよね!

やはり、経験が活きているということなのでしょうか?

タイガーファンドに入社

ビルファンは1996年に、

ジュリアン・ロバートソンの

タイガーファンドに入社します。

これが彼の人生を大きく変えるものになったのです。

 

ビルファンはロバートソンの下で

アジア企業への投資を行い、

「天才門下生」と呼ばれるようになりました。

2000年にタイガーファンドが閉鎖してからは

タイガー・アジア・マネジメントを運用。

 

当時の彼はタイガーカブ(子トラ)と呼ばれ、

・年平均16%の利益を叩き出す
・韓美薬品への投資
・1600万ドルを1億4000万ドルに増やす

これらのような実績を残してします。

しかし、どんな人間にも失敗はつきもの。

2007年のサブプライム危機では、

資金の40%を失ってしまいます。

 

彼の失敗はこれだけで終わりません。

なんと、2008年から2009年にかけて

インサイダー取引の容疑に掛けられてしまったのです。

 

堀江貴文さんもインサイダー取引で話題になりましたよね…。

ビルファンの人生はどうなってしまうのでしょうか?

詳細は下記動画で詳しく解説していますので、

続きが気になる方はぜひご覧ください!

 

当記事では一部割愛している部分があるため、

動画で見ることでよりビルファンの人生を

理解することができるはずです。

VISIONARY INVESTORSの最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。