タカ派とハト派?鷹と鳩が経済と関係あるわけ🕊

こんにちは、ビジョナリーインベスターズのFXロボです。

 

鷹と鳩の関係についてご存知でしょうか。

鳥の鷹と鳩に例えられるように「タカ派」と「ハト派」というのは元々、政治用語として使われる言葉です。

 

タカ派とは、物価の安定を重視し金融引き締め的な政策を支持する、強硬的な政治信条を持つ人、集団のこと

ハト派とは、平和的に問題を解決しようとする穏健派、慎重派の人、集団のこと

 

これは経済、金融の世界でも同じで

現在のアメリカFRBの金融政策はハト派優勢であり、

景気への配慮を重視し、金融緩和に前向きなスタンスとなっています。

反対にタカ派は景気安定よりも物価上昇の抑制を優先する、金融引き締め(利上げ)政策寄りの姿勢を示します。

 

要するにFOMCなどでテーパリングを早めようという動きがあれば、タカ派な動きがあったということです。

ちなみに英語でタカ派はhawk(ホーク)、ハト派はdove(ダヴ)で表現されます。

 

ニュースなどでもよくみる「タカ」と「ハト」について少しでもお役に立てば幸いです。

 

VISIONARY INVESTORSの最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。