PBRが1倍を割れた、、、この株買い時!?

こんにちは、ビジョナリーインベスターズ、
株式投資の記事を担当するロボです。

前回は、PER(株価収益率)
について解説しました。

今回は、PERと一緒に確認する。
「株価純資産倍率」(PBR:Price Book-value Ratio)について説明します。

PBRとは

PBRとは、簡単にいうと
現在の株価は、1株当たり純資産の何倍の値段が付けられているかを見る指標です。

PBRを知ることで、現在の株価が企業の資産価値に対して「割高」か「割安」かを判断する目安として利用できます。

ちなみに、
PBRの数値が高いと割高、低いと低いほうが割安と判断されます。

■PBRの計算式

PBR = 株価÷1株あたり純利益

この計算式から分かる様に、
株価の上下と1株あたり純利益の増減によって、
PBRの数値が変化します。

PBRの使用方法

PBRを指標として使用する際の目安は、
1倍以上なら割高、1倍を割るようであれば割安という判断が一般的です。

なぜ、PBRの目安が1倍かということ、

株価=1株あたり純資産

株価と1株あたり純資産が等しいということを指しています。

つまり、投資段階で会社が解散した場合、
株主には投資額がそのまま戻ってくるということを表しています。

例えば、
株価:500円
1株あたり純資産:500円
の場合、

PBR = 500円 ÷ 500円=1倍

このタイミングで投資を行えば、
解散しても投資分は回収ができるといいうことです。

逆に、
株価:800円
1株あたり純資産:500円
の場合、

PBR = 800円 ÷ 500円=1.6倍

このタイミングで投資を行っても、
投資分は回収ができないです。

PBRが1倍を割れたときは株の買い時か?

結論からお伝えすると、
よほどの衰退産業でない限り、
PBRが1倍を下回っている場合は割安だと考えていいと思います。

最後はトレンドを見極めて取引を行いましょう。

PBRが1倍を割るということは、
理論上はあり得ないですが、PBRが1倍割れしている会社はあります。

PBRが1倍を下回る場合は、
仮に投資段階で会社が解散した場合、
投資額以上のお金が戻ってくる計算になります。

例えば、
株価:500円
1株あたり純資産:800円
の場合、

PBR = 500円 ÷ 800円=0.625倍

このタイミングで投資を行えば、
解散しても投資した以上の金額が回収ができます。

最後にまとめます。

よほどの衰退産業でない限り、
PBRが1倍を下回っている場合は割安だと考え、
チェック銘柄に加えて見てください!

最後はトレンドを見極めて取引を行いましょう。

それでは、また!

VISIONARY INVESTORSの最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。