感謝祭&ブラックフライデーで相場大荒れ!?アメリカ一大祝日とは【11月第4木曜日】

こんにちは、ビジョナリーインベスターズのFXロボです。

今日は11月の一大イベント、感謝祭とブラックフライデーについて紹介します。

昨今、日本でもブラックフライデー、サイバーマンデーとセールすることが増えましたが、相場に大きな影響を与える可能性があるのが

その前日の11月第4木曜日の「感謝祭」になります。

 

トレードにどんな影響が出るのか解説していくので最後までみてくださいね。

 

感謝祭とブラックフライデー

11月第4木曜はアメリカの祝日で米国の感謝際「Thanksgiving Day(サンクスギビングデー)」になります。

多くの州は翌日の金曜日も祝日としており、4連休になっている地域が多いです。

元々は感謝祭=収穫祭という形でしたが、近年は日本のゴールデンウィークのように旅行者が増えたりパレードが行われたりするようになりました。

感謝祭の翌日からは一気にクリスマスムードになるため、クリスマスプレゼント購入の消費行動が高まるため、翌日はブラックフライデーと呼ばれる大規模なセールがスタートします。

 

NY市場が休場になる11月第4木曜日【アメリカの祝日】

この日はアメリカの祝日になるのでNY市場は休場しています。

また翌日も短縮取引となり、市場の流動性も少なくなります。

11月末はファンドや企業の決算も多く控えているため

多くの投資家は感謝祭以前にポジションをクローズする方が多いです。

そのため、非常に相場も荒れやすく、各取引所のスプレッドも開きやすい傾向にあるためトレードには十分注意が必要です。

 

また、この時期のトレンド相場も一旦変わる傾向にありますのでここも注意しておきましょう。

 

VISIONARY INVESTORSの最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。