VPSとは?FXするならデスクトップクラウドを用意した方がいい理由!

  • 2020年12月22日
  • 2021年1月15日
  • VPS
VPS

今回はFXでの自動売買取引を快適に行うためのVPSについて紹介していきます。

FX取引はパソコンやスマートフォンを使って取引可能ですが、自動売買をする場合はVPSを利用することをおすすめします。

なぜVPSの方が良いのか?

手持ちのパソコンではできないVPSの利点と、おすすめのVPSも紹介するのでぜひ最後まで読んでいってください。

 

VPSとは?

VPSとはインターネット上でパソコンが起動できる仮想サーバーです。

通常、自動売買のを利用するときにはパソコンを24時間起動させておかないといけません。

しかし自宅のパソコンだと自動アップデートがあったり、パソコンの動作が重くなってフリーズしたり、万が一の時、災害や停電などがあった場合には動作ストップしてしまう可能性があります。

 

VPSはインターネット上でパソコンが起動されている仕組みになるので、電源を切ってもパソコンが起動された状態になるのです。

パソコンの電源を切った状態でも自動的に売買が行われます。

 

VPSの選び方

VPSはFXだけで使われているわけではありません。

エンジニアや企業などが様々な用途で使用しています。

そのためVPSを選ぶときはFXに特化したモノを選ぶといいでしょう。

FXに不必要な機能が搭載されているVPSでは、高い利用料や操作性に問題があり自動売買に不向きなものも多くあります。

アプリ開発やWEBサイト構築用に作られたVPSはエンジニア向けの難しい用語で説明されている場合が多いので注意しましょう。

 

おすすめはお名前.comデスクトップクラウドfor MT4

FXで自動売買をしたい場合は「お名前.com デスクトップクラウド for MT4」を利用すると良いでしょう。

MT4専用に作られたVPSのため不要な機能は一切ありません。

また利用料金も安く設定されているため多くのコストをかける必要がないのです。

MT4を3台以上重複稼働させる場合はメモリ4GBの方が安心ですが、1台のみの稼働なら1.5GB、2台なら2GBプランで問題ありません。

 

自動売買でVPSを使わないとどうなるか

 

次に自動売買でVPSを利用しない事で起こるデメリットを紹介します。

自身のパソコンをずっと起動させておくだけでも自動売買は行えますが、間違いなくVPSを利用した方が快適な運用に繋がるのです。

 

パソコン動作が重くなり約定できない場合がある

MT4に限らずパソコンはずっと起動させていると動作が重くなってしまう事があります。

為替の値動きは常に動いているため、パソコンが重くなると約定までにタイムラグができてズレや約定拒否の原因となってしまうのです。

希望価格で約定されないとエントリーの期待値も変わるので、VPSを利用することがおすすめですね。

 

インターネット回線速度やパソコンのスペックによってはうまく起動しない可能性

自動売買を自身のパソコンで起動させる場合、インターネットの回線速度やパソコンのスペックが低いとうまく起動しないという事もあります。

約定拒否や滑りに繋がってしまうので思うように利益をあげられない事が多いです。

回線速度が相当早くパソコンのスペックも高いものを使っていれば問題はないですが、それでもずっと稼働させるよりは安価でVPSを利用した方がメリットといえますね。

 

まとめ

 

自動売買を利用している人のほとんどがVPSを利用しています。

会社によっては金額が高かったり、FX用ではないVPSも多くあるので申込時には注意が必要です。

記事内で紹介した「お名前.com デスクトップクラウド for MT4」であれば安価で自動売買取引ができるので特におすすめですね。

快適に運用を行う環境作りを始めてみましょう。

 

VISIONARY INVESTORSの最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。